五十肩の骨盤矯正 四十肩 - 整体 大阪

痛みの原因と効果的な治療薬を求め続ける

五十肩 骨盤


原因がハッキリしない肩の痛み


症状の経緯

五十肩は40代から50歳前後の男女とも中高年の方に起こりやすい肩の痛みです。



五十肩になってしまうと肩の動きが悪くなってきて洋服を着たり脱いだりするときに痛みで肩を上げることができなく、日常生活にも支障が出てきます。

よく言われているのが、後ろで手を組んだり髪の毛を結ぶようなことができなくなるのが特徴のようです。

痛みは肩から腕にかけて感じることが多く、腕を胸より上にあげると多く痛むようです。

五十肩はなぜ起こってしまうのでしょうか。その原因ははっきりとしていません。

しかし40代から50代に多いことから加齢に伴って発症する病気だということは見てわかります。

五十肩の中には石灰沈着性や腱板炎など色々な症状を含んでいますが腱板に症状を持っているものは厄介だそうです。

腱板の損傷は触診では見つけることが難しく超音波検査などで調べているそうです。

また断裂してしまった場合はやむなく手術になってしまうことが多いようです。

いずれにしても日ごろからの適度な運動が大切で、運動不足になってしまうと肩だけではなく骨盤や足の方にまで影響が出てくるかもしれません。

骨盤は身体の中心に近い部分ですので悪くならないようにしなくてはなりません。





トップページ
頭の痛み
腰の痛み
肘の痛み
肩の痛み



Copyright© メニエール病 体験談 四十肩. All rights reserved.