腱鞘炎の症状 - 原因 治療 整体 大阪

痛みの原因と効果的な治療薬を求め続ける

腱鞘炎の症状


原因がハッキリしない肘の痛み


症状の経緯

肘の腱鞘炎は本人が肘に違和感や軽い痛みくらいの症状ではなかなか整形外科に受診することが少ないようです。



実際、肘の腱鞘炎はわりと症状が進んでしまってから受診にくる場合が少なくないようです。

恐らく仕事の関係で常にタイピングしている状態にあり、肘に痛みを感じても仕事だからとごまかしながらタイピングを続けてしまうことや、仕事意外でパソコンを使用している場合は趣味程度なので腱鞘炎になるわけがないとか、生活していく上で痛みを感じても肘の多少の痛みは仕方がないし時間がないなどからの理由で受診が遅れるのかもしれません。

腱鞘炎での肘の痛みの原因は、いろいろありますが肘に負担を繰り返しかけてしまうことが主な原因といわれています。

肘の痛みの原因はパソコンの使い過ぎや家事や育児など多岐にわたって発生するといわれています。

例えばパソコンの使いすぎによる腱鞘炎の場合、マウスやキーボードを連続して長時間つかっていると、力を入れていない場合でも肘にはかなり負担になっていることがあります。

腕がだるい、重い、肘が痛い、肘に違和感があるなどの症状が少しでもあらわれたら、大げさかなと思っても大事に越した事はありません。

専門医に受診することが大切です。





トップページ
頭の痛み
腰の痛み
肘の痛み
肩の痛み



Copyright© メニエール病 体験談 腱鞘炎. All rights reserved.