頭痛は親知らずも - 原因 治療 整体 大阪

痛みの原因と効果的な治療薬を求め続ける

親知らずによる頭痛


原因がハッキリしない頭の痛み


症状の経緯

口腔環境が身体に及ぼす影響の話はよく聞きます。



口腔環境というと虫歯予防がメインに感じますが、歯周病も非常に重大な病気です。

歯周病というと歯槽膿漏。年配の方がなる症状と思いがちではないですか?小学生でも歯周病の気配のある人は多いと校医の先生からも聞きました。

歯茎が悪くなると健康なきれいな歯を持っていても抜けてしまって使い物になりません。

さらに細菌が増えてしまい、その細菌が血液や呼吸器系に入り込むと心筋梗塞、動脈硬化といった成人病の原因にもなりますし、肺炎、早産といった病気につながることがあるのです。

また、かみ合わせの悪さも全身に影響を与えます。かみ合わせの悪さのせいで歯石が出来やすくなってしまうと細菌が増え、歯周病にもなりやすくなります。

かみ合わせから頭痛や肩こりにつながることもあります。親知らずを上下どちらか抜いた後急に頭痛が起きたりするのはそのせいです。

かみ合わせの悪さを調節しようとするとその周りの筋肉に影響があり体にゆがみが生じてしまい、頭痛、肩こり、腰痛、ひどいと手足のしびれにまでつながる可能性があります。

また咀嚼が十分に出来ず、消化不良のまま胃腸に届き消化器系に負担をかけてしまうこともあります。このように口腔環境を整えるためにも歯科検診を定期的に受けるということが重要になります。

歯医者は虫歯が出来てから、症状が見つかってから行くところではなく、定期的に検診を受け口腔環境を常にきれいにしておくことが全身の健康につながるということです。





トップページ
頭の痛み
腰の痛み
肘の痛み
肩の痛み



Copyright© メニエール病 体験談 頭痛. All rights reserved.